読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頼まれないのに義務日記

誰からも頼まれていませんが日記を書きます

義務でもないのに

誰に頼まれたわけでもないのにブログを始めることにした。

大抵の人間は、なにか告知などがある有名人以外は、誰に書いてと頼まれているわけでもないのに自ずとブログを書き出す。義務でもないのに。

わたしも義務でもないのにブログを始めるのだ。そしてそれをライフワークもしくは自己表現の一部のようにし、あまつさえアフィリエイトで小銭すら稼ぎかねない勢いである。

 

わたしはいままで10近くのブログを始めては削除してきている。

ブログを始めることで生活が心機一転して素晴らしいものになるのではないかという気持ちを抱いては開設し、誰も見ることのないブログなぞやっているから気分が落ち込むのだと削除してきている。

 

いまは完全に前者だ。現在、辛うじて破綻しそうな今一歩で下宿から実家に逃げてきて3日目になる。つまりわたしは、このブログによって生活が心機一転して、より素晴らしいものになることを祈っているのだ。かなり切実だ。

 

近況としてはうつ病の診断書を病院で貰い然るべき機関に提出し、その連絡が入ったプロフェッサー的存在の大人物に大勢の前で「キミ、うつ病なんだって?」と聞かれたことだ。モラルハラスメントで訴えてやろうか。

その人間の名前を公開して炎上商法を狙ってもしょうがない。そもそも炎上の火種となるほどの閲覧数はのぞめないだろう。そのプロフェッサー的存在も、いまはもう既に故人とさして変わらないネームバリューしか望めないのかもしれない。

 

とりとめのない近況や日常での出来事をできるだけ高い頻度で更新したい。

そのほうが、義務でもないのに感が出るから。