読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頼まれないのに義務日記

誰からも頼まれていませんが日記を書きます

放射能

2012年にNO NUKESという音楽イベントに参加したことを唐突に思い出す。

屋内のフェスティバルであり、わたしはそのトリであるクラフトワークを見たかったのだ。

その翌年の来日講演である3Dライブも行った。

 

クラフトワークに「放射能」という曲があり、それは発表された70年代当時は「放射能ってなんかサイエンスな感じでイケてね?」程度のノリで取り入れられたのではないかと思う。

というかアルバムのコンセプトが「ラジオ」に関係があるものみたいな感じなのだ。

電気ブランという酒が実は電気と無関係で、ただ電気という響きがハイカラで取り入れられたというのと同じで……。

 

しかし様々な原発事故を経て、90年代に発表されたミックス版では「ストップ レディオアクティビティ」という歌詞に変わり、「チェルノブイリハリスバーグセラフィールドヒロシマ」というイントロが追加されている。さらに「核分裂、突然変異、汚染地帯」などが加わり、反原発ソングになっている。元々、放射能を礼賛する意味はなかったと思うが。

 

2012年にそのフェスティバルに行った際は、イントロ部分が「チェルノブイリハリスバーグセラフィールド、フクシマ」に変わっており、「フクシマ」とバックスクリーンに表示された瞬間の盛り上がりは他にないものであった。

10代だったわたしは、そこで盛り上がってもいいものかと思った。

 

他は特になし。無為。